忍者ブログ
こちらは私が日々訪れた『酒場』の記録書にございます。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



職場での仕事を終え、いざ何処かで一杯やろうかな?と思っているところに
一本の電話がかかってくる。

電話の相手は大抵、妻か恋人か夫か彼氏か親か。

仕方ない、帰って食べることにするか....とその前に!

そうだ、『近所のそば屋』で一杯だけひっかけて帰ろう!


巴屋 外観
--------------------------------------------------------------------
店名:巴屋
電話:03-3441-8759

住所:東京都渋谷区広尾5丁目1-42
営業:11:00 - 20:00
詳細: 
http://tomoeya.hp.infoseek.co.jp/index.htm

-----------------------------------------------------------------------

やたらと有名そば屋を紹介する本が何冊も出版されているが、
やっぱり「町のそば屋」、
それも慣れ親しんだそば屋が一番好きであったりする。

暖簾を掻き分けて、引き戸をガラッと開ければ、
いつも通り、給仕のおばちゃんが迎えてくれる。
これが良いのだ。

早速、テーブル席の一角に落ち着き、
『冷やしたぬきそば』と熱燗を頼む。


ところで、そば屋の箸箱っていいよね。

巴屋 箸箱

箸箱を眺めるだけで、お酒を飲めたりする。
やっぱり、日本っていいよね~....。
不思議日本(マジーア・ジャッポネーゼ)。

巴屋 清酒

巴屋 冷やしたぬき

清酒(白鶴)を一杯やりながら、冷やしたぬきそばを頂く。

冷やし中華のように、具材をつまみながら呑んでも良いし、
そばを頂きながらでも美味い。

甘く煮込まれた油揚げと、紅生姜、そして山葵が合う。
そば自身もコシがあって美味い。

酒が進む....。ボーっ.....とする。

巴屋 板わさ

ここで、板わさを頼む。

なぜか一切れ、ナルトなのが面白い。
そして只、かまぼこを並べているわけではないのが嬉しい。

美味しい。清酒と合わせながら、またボーっ.....とする。


ご馳走様。
清酒 ×1
板わさ ×1
冷やしたぬきそば ×1 

計1500円ぐらい。やっぱり町のそば屋って良いよなぁ。

町の定番、すし屋、そば屋。
いつも何気なく素通りしてしまっていると思うけれど、大事にするべきだと思いますよ。
生まれた町を愛し、生まれた町で呑む。

本や雑誌、テレビに翻弄されている方は、自分の町、
つまり地元の店で呑む事を覚えて欲しい。

PR
プロフィール
こちらは私が日々訪れた 『酒場』の記録書になります。
HN:
まぅいー
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1984/10/29
職業:
非公開
趣味:
食べる・呑む・散策
管理者:まぅいー serius65@hotmail.com makikon4953@yahoo.co.jp 画像転載だとか著作権うんぬん宜しく。
最新コメント
[12/12 ieixwvxowu]
[12/12 foefypbsom]
[12/12 ktdroshiub]
[12/11 zxqyjfjdvs]
[12/11 arwkgcgwmr]
[12/11 kiytswhwqx]
[12/11 azfzxypdzo]
[12/10 psoomdvoke]
[12/10 chrwhsrpud]
[12/10 vuclwfkodj]
[12/10 rqldxaathq]
[12/10 eglbmktvdi]
[12/09 jmbvwqnong]
[12/09 xxzpuqbgmb]
[12/09 dfvlzkygim]
[12/09 twkfnmjlkq]
[12/09 ibgdkynzmu]
[12/09 epwzwonjye]
[12/09 dtxvfzeetx]
[12/09 kfbksetphn]
[12/09 mxdpcyrtjv]
[12/09 jmjmublaub]
[12/08 xsqhlgzsws]
[12/08 bvydwxbigg]
[12/08 wxmxgmrpue]
バーコード
忍者ブログ [PR]