忍者ブログ
こちらは私が日々訪れた『酒場』の記録書にございます。
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京タワー

『東京タワー』を芝公園という自然に囲まれた空間から見上げると、
何か不思議な気分になる。

東京プリンスホテル 外観1

今回訪れたのは、東京プリンスホテルである。
外資系ホテルに押される中、地道に努力している。

昔と違って客層は変化したものの、
今では大衆的なホテルとして愛されているようだ。


ホテル内『天麩羅処 天ぷら 福佐』にて、
旬の魚菜の心地良い衣の天ぷらに圧倒され、質の高いサービスに満足。

コースは数種あり、質・量を考えるとリーズナブルといえる。


さて.....食事後に訪れたのはホテル内メインバー『WINDSOR』である。

バー ウィンザー 外観
-------------------------------------------
店名:MAIN BAR  WINDSOR (メインバー ウィンザー)
営業:16:00 - 24:00 
問合:
http://www.princehotels.co.jp/tokyo/index.html
-------------------------------------------

私が思うに、ホテルのバーというものは
バーそのものの、手本だと思う。

最近街中を歩くと、何が特徴なのか
良く分からないSHOT BAR や DINING BAR などといったものが
蔓延している様に思える。


ここ『ウィンザー』は、何より落ち着いていて、どこか懐かしい、
西洋風の内装がとても良い。洋画に出てきそうだ。


まずは『ギムレット スノースタイル』からいこう。

ギムレットはカップルで飲むものだと、私の親父はよく言っていた。
スノースタイルはカップルで飲めばまた、ロマンティックという事だろうか。

よく『ギムレットを作らせればバーテンダーの腕がわかる』というが....
流石はホテルのメインバーということか。

カクテル ウィンザースペシャル

その他、ウィンザースペシャルというカクテルを飲んでみたが、
甘美な風味と思いきや中々複雑で大変面白かった。

是非ともご自身の舌で味わってもらいたい。


ご馳走様。

ギムレット ×1
ウィンザースペシャル ×1

計3000円ちょっと。オーセンティックバー入門として来られてみては如何だろうか。


さて....やはり、ホテルのバーということでフロアの広さ、雰囲気に圧倒。
バーテンダーは若いが、腕は確かである。

ハッピーアワーなるものも行っているので、気軽に訪れてみてほしい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
こちらは私が日々訪れた 『酒場』の記録書になります。
HN:
まぅいー
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/10/29
職業:
非公開
趣味:
食べる・呑む・散策
管理者:まぅいー serius65@hotmail.com makikon4953@yahoo.co.jp 画像転載だとか著作権うんぬん宜しく。
最新コメント
[12/12 ieixwvxowu]
[12/12 foefypbsom]
[12/12 ktdroshiub]
[12/11 zxqyjfjdvs]
[12/11 arwkgcgwmr]
[12/11 kiytswhwqx]
[12/11 azfzxypdzo]
[12/10 psoomdvoke]
[12/10 chrwhsrpud]
[12/10 vuclwfkodj]
[12/10 rqldxaathq]
[12/10 eglbmktvdi]
[12/09 jmbvwqnong]
[12/09 xxzpuqbgmb]
[12/09 dfvlzkygim]
[12/09 twkfnmjlkq]
[12/09 ibgdkynzmu]
[12/09 epwzwonjye]
[12/09 dtxvfzeetx]
[12/09 kfbksetphn]
[12/09 mxdpcyrtjv]
[12/09 jmjmublaub]
[12/08 xsqhlgzsws]
[12/08 bvydwxbigg]
[12/08 wxmxgmrpue]
バーコード
忍者ブログ [PR]